【プロコーチが教える】覚えておくと便利なサッカーの試合で使うキックの種類を解説

サッカーステーション代表コーチの山根慶大です。現在サッカースクールやYoutube、Instagramなどで指導・発信しており、日々みなさんが抱くサッカーでの疑問や質問などにお答えしながら、誰もがサッカーを楽しめるようサポートしております。

ところで皆さんはサッカーの試合で使えるキックスキルをどれくらい持っているでしょうか?

今回は試合で使えるキックの種類を紹介します。こんなキックがあったのか!?と新しい発見と活躍に繋がれば嬉しいです!

サッカーキックの種類

定番のインステップキックやインサイドキックに加えて、ちょっと変わったキックも紹介していきます。面白いキックがあれば是非参考にしてみて下さい。

インステップキック

このキックは、足の甲付近を使ってボールを蹴る技術です。インステップキックは、正確でパワフルなシュートやパスを送るために非常に重要です。また、ボールをコントロールしたり、スルーパスを出したりする際にもよく使用されます。

インステップキックポイント

蹴る前に体を起こし、蹴る瞬間に腕を振りながら足を振り抜くことで、ボールに力を込めることができます。また、蹴る際には軸足の膝を曲げて強く地面に踏み込むことでよりパワフルなキックができます。

インサイドキック

このキックは、内側のくるぶし辺りを使ってボールを蹴る技術です。パスやシュートを正確かつ効果的に行うために使用されます。インサイドキックはボールのコントロールやスルーパスを出す際にもよく使用されます。足の内側はボールに当てる面積も広いため、ボールの軌道やスピードをコントロールしやすくなります。

インサイドキックポイント

蹴る瞬間に足を外側に開きながら足の内側でボールを蹴ります。足を振り下ろす時には、膝の向きを前に向けておくことで足を振りやすくなり、スピードの速いボールも蹴りやすくなります。

インフロントキック

このキックは、足の甲とつま先の間付近で蹴る技術です。主にセンタリングやフリーキックなどボールを曲げたい時に使う時に使います。

インフロントキックポイント

インフロントキックを行う際には、軸足を少し斜めに踏み込むことで親指の付け根当たりに当てやすくなります。まっすぐ飛ばしたい時は、ボールの中心を蹴り、カーブを蹴りたい時はボールの中心を斜め上に向かって蹴ることでコントロールしやすくなります。

アウトサイドキック

このキックは足の甲外側部分や小指辺りで蹴るキック技術です。主に走りながらプレーしたい時や相手とタイミングを外したい時などに使われます。

アウトサイドキックポイント

小指に当てすぎるとバランスが悪くなり蹴ることが難しくなります。足を真っ直ぐ振り足首を曲げるように蹴ることで力強く正確に蹴ることが出来ます。

アウトフロントキック

このキックは足の甲と小指の間で蹴るキック技術です。主に相手の背後に蹴るスルーパスやサイドチェンジやセンタリングなどに使われます。

アウトフロントキックのポイント

ボール横に当ててしまうとボールが浮かないのでボールの斜め下に足を入れるようにしましょう。

トゥーキック

このキックはつま先で蹴るキック技術です。主にシュートを打つ時に使います。相手にタイミングがバレにくいメリットがあります。

トゥーキックのポイント

つま先が固定されていないと怪我に繋がるので、蹴る瞬間に足首を固定してつま先をボールの中心に当てましょう。

ヒールキック

このキックはカカトで蹴るキック技術です。主に自分の背後にパスしたい時やシュート時にコースを変える時に使われます。、

ヒールキックのポイント

ボールの中心にカカトを当てるように調整して、蹴る瞬間に重心を蹴り足から軸足に移動させるようにすると蹴りやすいです。

チップキック

このキックはつま先と足の甲の間で蹴るキック技術です。少しボールを浮かしてスルーパスを出したい時やシュートで頭上や足上に蹴りたい時に使われます。

チップキックのポイント

素早く膝を振り抜き、ボールの下に足を入れるようにしましょう。足を当てすぎてしまうとボールが浮かなくなるので注意が必要です。

その他のキック(番外編)

ボレーキック

このキックは浮いているボールを蹴るキック技術です。強くシュートを打ちたい時にはインステップ、正確にパスやシュートをしたい時にはインサイドで蹴ったりして状況に応じて使い分けます。

ボレーキックのポイント

浮いているボールに合わせるには足を高く上げる必要があります。身体を横に倒すと高く上げることが出来ます。

オーバーヘッドキック

このキックは頭上にあるボールを蹴るキック技術です。主にシュートで使われます。

オーバーヘッドキックのポイント

蹴り足ではない足を振り上げて蹴り足の勢いを強くすると良いでしょう。危険なプレーなので練習はマットの上など柔らかい場所で行って下さい。

ラボーナ

このキックは足をクロスしながらインステップで蹴るキック技術です。主にセンタリングやシュートなどの場面で逆足にある時に使います。

ラボーナのポイント

膝を曲げることで身体が安定させて蹴ることが出来ます。インステップで蹴れるよう軸足の置く位置を調整すると蹴りやすくなります。

スコーピオン

このキックは背中付近にある浮いているボールを蹴るキック技術です。DF時に背後に飛んできたボールをクリアしたいけど走ったら間に合わない時や意表をついてシュートしたい時に使います。

スコーピオンキックのポイント

上半身をしっかり倒して後ろ足を浮き球に合わせれるように調整しましょう。胸から地面に落ちるので受け身の練習を行いましょう

浮き球のロングキック

このキックは体の回転を利用してインステップやインフロントで蹴る技術です。主にサイドチェンジや背後へのスルーパスなどに使われます。

ロングキックのポイント

軸足を傾けて体の回転力を利用して力を増幅させて蹴ってみましょう。足の甲に当てることも重要になりますのでボールの下に足を入れれるよう軸足の位置も調整しましょう。

無回転シュート

このキックはボールを真っ直ぐ押し出すキック技術です。主にシュートを打つ時に使われます。

無回転シュートのポイント

ボールの中心を押し込むように蹴りましょう。フォロースルーは斜め振るとボールが回転しやすいので足を真っ直ぐ振り抜きましょう。

キックの上達は繰り返し行うこと

キックの上達は正しい蹴り方で蹴り続けることで精度が高まっていきます。思った場所に蹴れない場合は当てている場所や振り方をチェックしてトライアンドエラーを繰り返して下さい。動画撮影を行いながら行うことで精度の高い振り返りができるのでオススメです。

キックのフォームに注意

キックは変な癖がついてしまうとなかなか元に戻すことができずキックが正確に蹴れなかったり、怪我に繋がる可能性もあります。必ず正しいフォームを身につけて蹴るようにしましょう。

サッカーのキックの練習方法

対人で蹴り合う

友達と一緒にボールを蹴り合いましょう。必要に応じて距離を調整して行って下さい

壁に向かって蹴る

壁に向かってボールを蹴って繰り返し行ってみましょう。必要に応じて距離を調整しましょう。

逆足もトレーニング

利き足が上達できたら苦手な足でも蹴れるようにトレーニングしていきましょう。

まとめ

キックの種類についていかがだったでしょうか?キックの種類は意外にも多いもので使用場面も様々です。キックの種類を多く持っておくことで引き出しが多くなり咄嗟な場面でも活用できるようになります。是非キックの種類を増やして試合で活躍して下さい。それでは最後まで見ていただきありがとうございました。それでは素敵なサッカーライフを。

\ 記事がいいと思ったら
いいねしていただけると嬉しいです /

この記事を書いた人

山根 慶大

Soccer Station代表の山根慶大です 現在は、サッカーステーション広島の『サッカー塾』でコーチをしており、これまで1000人以上の子供達を育成してきました。
パスやトラップなど、サッカーに必要な技術が発揮できない原因を個別で分析し、その選手の個性に応じて指導を行っております。


あなたにおすすめの記事

「スキル」を伸ばすサッカー塾

広島でスキルを伸ばす事に特化したサッカー塾開講!パス、ドリブル、シュートから自分に足りないorさらに伸ばしたいスキルを徹底的に伸ばす。オンラインでコーチに24時間質問し放題

\ こんな方におすすめ /

  • より技術力を磨きトップレベルを目指したい

  • 様々なチームの人と刺激し合い経験や刺激をもらいたい

  • 現在通っているサッカーチーム以外でも練習したい

詳しく見てみる
サッカースクールの画像

Line@

LINE@登録で予約、新着情報、お得な情報を配信中!!

Get in touch

各種SNSから新着情報をチェック!!

Sitemap

サイトマップ