【プロコーチ伝授】サッカーのカバーリング完全ガイド:初心者からベテランまで役立つ知識

皆さん!こんにちは!サッカーステーション代表コーチの山根慶大です!

現在サッカースクールやYoutube、Instagramなどで指導・発信しており、日々みなさんが抱くサッカーでの疑問や質問などにお答えしながら、誰もがサッカーを楽しめるようサポートしております!

サッカーは11人で行うスポーツですが、その中で最も大切なのはチームワークです。そのチームワークを支える重要な要素の一つが「カバーリング」です。今回は、このカバーリングについて、初心者の方からベテランの選手まで役立つ情報をお伝えします。

カバーリングとは?基本から理解しよう

サッカーの試合をしている画像

カバーリングの定義

カバーリングとは、味方選手をサポートするために行う動きのことです。簡単に言えば、「困っている味方を助ける」ということです。

カバーリングの目的

  1. ミスを防ぐ
  2. ボール奪取の確率を上げる
  3. 相手の攻撃を止める
  4. チームの守備力を高める

カバーリングが必要な場面

1. 守備時のカバーリング

  • 味方がドリブルで抜かれそうな時
  • 相手が数的優位を作ろうとしている時
  • 味方が1対1の状況になっている時

2. 攻撃時のカバーリング(サポート)

  • パスを受けた味方の近くに位置取る
  • 味方がボールを失った時にすぐに守備に戻る
  • 攻撃の選択肢を増やすためのポジショニング

カバーリングのテクニック

1. 適切な距離感

カバーリングする際は、味方と近すぎず遠すぎない距離を保つことが大切です。近すぎると両方が同時に抜かれる危険があり、遠すぎるとカバーの意味がなくなってしまいます。

2. 角度の取り方

味方と相手を結ぶ直線上ではなく、ゴールと相手を結ぶ線上からマークにパスが出されたら狙える距離に立ちます。少し斜めの位置に立つことで相手の進路を制限し、ボールを奪いやすくなります。

3. 予測と先読み

相手の動きや味方の状況を予測し、先回りしてポジションを取ることが効果的なカバーリングにつながります。

ポジション別カバーリングの特徴

ヘディングする画像

1. ディフェンダーのカバーリング

  • センターバック同士のカバー
  • サイドバックとセンターバックの連携
  • ミッドフィルダーへのカバー

2. ミッドフィルダーのカバーリング

  • 守備時のディフェンダーへのカバー
  • 攻撃時のフォワードへのサポート
  • 中盤でのボール奪取時のカバー

3. フォワードのカバーリング

  • プレスをかける際の味方へのカバー
  • 攻撃時の味方へのサポート
  • 守備に戻る際のミッドフィルダーへのカバー

カバーリング力を高める練習方法

サッカーチームで話し合っている画像

1. シャドーディフェンス

ボールを使わずにマークする相手との距離感を確認して動く練習です。カバーリングの距離感覚を身につけるのに効果的です。

2. ポゼッション練習

ボールを保持するチームと奪うチームに分かれて行う練習です。カバーリングしながらボールを奪う練習ができます。

3. 数的不利な状況での練習

3対2や4対3など、守備側が数的不利な状況で練習することで、カバーリングの重要性を体感できます。

4. ビデオ分析

プロの試合やチームの試合映像を見て、良いカバーリングの例や改善点を見つける練習も効果的です。

カバーリングの心理的側面

1. コミュニケーションの重要性

カバーリングを効果的に行うには、声を出すことが大切です。「後ろ!」「左!」などの声かけで、味方に状況を伝えましょう。

2. チーム全体の意識

カバーリングは個人の技術だけでなく、チーム全体で意識を高めることが重要です。お互いを信頼し、助け合う雰囲気づくりが大切です。

3. 責任感と積極性

「困っている味方を助けよう」という責任感と、「自分から動こう」という積極性がカバーリングには必要です。

カバーリングの応用編

サッカーの練習をする画像

1. プレスの際のカバーリング

チーム全体でプレスをかける際、カバーリングを意識することで、相手のパスコースを制限し、ボール奪取の確率を上げることができます。

2. オフサイドトラップとカバーリング

ディフェンスラインが一斉に前に出てオフサイドトラップを仕掛ける際も、カバーリングの意識が重要です。

3. カウンター攻撃時のカバーリング

素早い攻守の切り替えが求められるカウンター攻撃の際も、ラインを上げてコンパクトに保ち、適切なカバーリングできるポジションをとっておくことが攻撃の成功率を高めます。

まとめ

カバーリングは、サッカーというスポーツの本質的な部分を担う重要な要素です。個人の技術を高めることも大切ですが、チームとして機能するためにはカバーリングの技術と意識が欠かせません。
初心者の方は基本を、経験者の方はさらなる応用を意識して、日々の練習や試合に取り組んでみてください。カバーリングを意識することで、きっとサッカーがもっと楽しくなり、チームの力も大きく向上するはずです。
サッカーは仲間と共に戦うスポーツです。カバーリングを通じて、チームの絆を深め、一緒に成長していきましょう!

\ 記事がいいと思ったら
いいねしていただけると嬉しいです /

この記事を書いた人

山根 慶大

Soccer Station代表の山根慶大です 現在は、サッカーステーション広島の『サッカー塾』でコーチをしており、これまで1000人以上の子供達を育成してきました。
パスやトラップなど、サッカーに必要な技術が発揮できない原因を個別で分析し、その選手の個性に応じて指導を行っております。


Line@

LINE@登録で予約、新着情報、お得な情報を配信中!!

Get in touch

各種SNSから新着情報をチェック!!

Sitemap

サイトマップ