【プロサッカーコーチが教える】誰でも10分でマスターできる胸トラップの極意

皆さん!こんにちは!サッカーステーション代表コーチの山根慶大です!
現在サッカースクールやYoutube、Instagramなどで指導・発信しており、日々みなさんが抱くサッカーでの疑問や質問などにお答えしながら、誰もがサッカーを楽しめるようサポートしております!

サッカーをしていて、空から高いボールが飛んでくる。そんなとき、うまく胸でトラップできたらかっこいいですよね。でも、実際にやってみると難しいと感じる人も多いはず。しかし、安心してください!コツさえつかめば、あなたも胸トラップが上手になれます。
この記事では、正確に胸トラップするためのポイントや練習方法をわかりやすく解説します。ぜひ参考にして、友達や家族と一緒に練習してみましょう。きっと、あなたのサッカースキルがぐんと上がるはずです!

胸トラップの基本

胸トラップする画像1

胸トラップとは、空中から来るボールを胸で受け止めて、自分の思い通りにコントロールする技術です。正確に行うことで、高いボールを次のプレーにスムーズにつなげることができます。

胸トラップの種類

胸トラップには、主に2つの方法があります:

  1. 空中に止める
  2. 足元に落として止める

それぞれの状況に合わせて、適切な方法を選ぶことが大切です。

正確な胸トラップのコツ

胸トラップする画像2

1. 体の位置を調整する

ボールが来る方向をよく見て、すばやく体の位置を調整しましょう。ボールを受けやすい場所に移動することが正確な胸トラップの第一歩です。

2. 体の向きを意識する

ボールを受ける瞬間の体の向きも重要です。次のプレーを考えながら、適切な向きで胸トラップしましょう。

3. 腕の使い方を工夫する

ボールが当たる瞬間、腕を上げて少し引くようにすると、胸が前に出て正確にボールコントロールしやすくなります。

4. 息を止めない

ボールが胸に当たるタイミングを見極めて息を吐くことも大切です。力が抜けてボールをコントロールしやすくなります。

練習方法

胸の前でサッカーボールを持っている画像

正確な胸トラップを身につけるには、繰り返し練習することが欠かせません。以下のような練習方法がおすすめです。

1. 壁を使って胸トラップ練習

  • 壁に向かってボールを蹴り、跳ね返ってきたボールを胸トラップします
  • 距離や強さを変えて練習しましょう

2. ロングパスを胸トラップ練習

  • パートナーと向かい合い、ロングパスを蹴り合います
  • 高さや速さを変えて、様々な胸トラップを練習します

3. ボール投げてもらって胸トラップ練習

  • ボールを胸に投げてもらって胸トラップします
  • 胸でトラップしたら空中にあるボールを蹴って返します

4. ジャンプしながら胸トラップ練習

  • 高いボールを投げてもらってジャンプしながら胸トラップする練習をします
  • 空中でバランスを崩さないようにする胸トラップ技術が身につきます。

5. 胸トラップからのシュート練習

  • パートナーにロングパスを蹴ってもらって、胸トラップした後すぐにシュートにつなげる練習をします
  • ゲーム中の感覚を養うのに効果的です

まとめ

浮いているボールを正確にトラップするには、胸トラップの技術は必須です。体の位置を確認する、体の向きを意識する、腕の使い方を工夫する、息を止めない、この4つのコツを意識しながら練習を重ねることで必ず上達します。胸トラップを使う場面を想定しながらパートナーと一緒に練習することで、試合中に練習の成果も発揮しやすくなります。コツをつかんで、ぜひ挑戦してみてください。上手になれば、試合でも自信を持ってプレーできるようになりますのでがんばりましょう!

\ 記事がいいと思ったら
いいねしていただけると嬉しいです /

この記事を書いた人

山根 慶大

Soccer Station代表の山根慶大です 現在は、サッカーステーション広島の『サッカー塾』でコーチをしており、これまで1000人以上の子供達を育成してきました。
パスやトラップなど、サッカーに必要な技術が発揮できない原因を個別で分析し、その選手の個性に応じて指導を行っております。


あなたにおすすめの記事

Line@

LINE@登録で予約、新着情報、お得な情報を配信中!!

Get in touch

各種SNSから新着情報をチェック!!

Sitemap

サイトマップ