【プロコーチが教える】サッカーの基本!ドリブルシュートができない原因や改善方法・練習方法などを徹底解説

サッカーステーション代表コーチの山根慶大です。現在サッカースクールやYoutube、Instagramなどで指導・発信しており、日々みなさんが抱くサッカーでの疑問や質問などにお答えしながら、誰もがサッカーを楽しめるようサポートしております。
今回はドリブルシュートについて解説していきます。ドリブルシュートは基本スキルですが1つ1つの技術が重なってできているスキルなので難しいスキルの一つです。この記事にはドリブルシュートでゴールを取るために必要な内容が詰まっています。是非最後まで読んで、沢山ゴールを決めてチームを勝利に導いてください。

ドリブルシュートとは?

ドリブルシュートとは、サッカーの試合でドリブルしながらシュートを打つ技術です。ドリブルで相手ディフェンダーをかわしたり、ボールを運びながらシュートを打ちます。ドリブルシュートは、主にペナルティーエリア付近から使用されることが多いです。熟練すれば得点能力を大幅に向上させることができるでしょう。

ドリブルシュートのコツ

ドリブルからのシュート

ドリブルからシュートするタイミングを意識して蹴りましょう。ドリブルからシュートまでのモーションはなるべく小さく素早く振り抜くとシュートコースを読まれにくくなります。ドリブルをしてからキックモーションが大きくなりすぎたり、ドリブルからシュートまで時間がかかるとディフェンダーやゴールキーパーが反応して防ぎやすくなります。

軸足の位置と振り

シュート時の軸足の位置は、バランスと力の伝達に大きく影響します。軸足を踏み込み、コンパクトな振りでシュートすることで、力と精度を兼ね備えたシュートが実現できます。このコンパクトな振りは、特にディフェンダーに囲まれた状況で役立ちます。

最後のボールタッチ

ドリブルからシュートに移る際、最後のボールタッチは特に重要です。シュートを打つ最後のタッチは、ソフトなタッチでボールをコントロールすることで、そのままシュートへと移行しやすい場所にボールと軸足を置けます。GKの動きも把握しながら常に目標を意識することで、シュートの精度を高めることができます。

これらのポイントを意識することで、ドリブルシュートの技術を高め、より効果的な攻撃が可能になります。

ドリブルの仕掛け方で変わるシュートコースの選択肢

ドリブルの仕掛け方は、シュートコースの選択肢を変える重要な要素です。どのように相手をかわすか、どのようにシュートの機会を作るかが重要です。

  1. 相手の位置と動きの分析 – 相手の位置や動きを分析することで、どの方向にドリブルで仕掛けるかを決定できます。これにより、シュートのための最適な角度やスペースが把握できます。
  2. ドリブルの速度とコントロール – ドリブルの速度とボールコントロールは、ディフェンダーをかわす上で重要です。速度と正確なコントロールにより、シュートを打てるコースに侵入できます。
  3. シュートへの移行 – 相手をドリブルでかわした後、シュートへのスムーズな移行が重要です。これは、ドリブルからシュートへの流れを自然にすることで、ゴールキーパーが反応するタイミングをずらすことができます。

ドリブルでの仕掛け方でシュートチャンスを作り出し、ゲームの展開に影響を与えます。これらの要素を磨くことで、プレイヤーはより多くのシュートコースを生み出し、得点の機会を増やすことができます。

ドリブルシュートでよく見られる失敗例とその原因

ドリブルシュートは得点のチャンスを生み出す重要な瞬間ですが、多くの選手が特定のミスを犯しがちです。これらの失敗とその原因を理解し、改善することでプレーの質を高めることができます。

  1. 不十分なボールコントロール – ドリブル中にボールを適切にコントロールできないことがよくあります。これではシュートを打つまでに正確に打てる体の状態を作れません。
  2. シュートを打つ時の判断 – 相手が前にいたり、後ろ向きでシュートを無理に打とうとすると、非効率なシュートを打つことになります。仲間と相手の状況を把握したうえでシュートチャンスを作り出しましょう。
  3. ボールロスト – ドリブル中にボールを失うことは、ゴールの可能性を失うプレーです。相手プレイヤーを抜くことばかりに集中することでボールを失う可能性も増えます。相手を抜かなくてもシュートは打てるので、シュートエリアに入ったら打てるチャンスを逃さないようにしましょう。

失敗の原因を探り、練習を通じて技術を磨くことで、ドリブルシュートの成功率を高めることができます。

ドリブルシュートを成功させるコツ

サッカーでドリブルシュートを成功させるためにシュートスキルは磨いておきましょう。打つ時のコツを理解しておくことでシュートの精度と効果を高めることができます。

  1. 膝の位置と重心移動の意識 – シュート時には、膝をボールの上にかぶせるようにして、ボールの中心を意識して蹴ることが重要です。シュートを打つ時に、軸足から蹴り足に重心を移動させながら蹴ることで、素早く力強く正確なシュートが打ちやすいです。
  2. GKの重心を見ておく– ドリブル中にGKの重心を見ておきましょう。シュートを打つ時にGKが前後左右に動き出した瞬間があれば、その動きと逆方向に打つと反応しにくいためシュートが入りやすくなります。横にドリブルするとGKはポジションを変えるので効果的です。

実践で使えるドリブルシュートテクニック!点を取る為の「シュートを打つタイミング」と「ドリブルの仕掛け」を磨く練習法

サッカーで得点を上げるためには、ファーストタッチとドリブルの仕掛けを磨くことが非常に重要です。以下に、これらの技術を向上させるための効果的な練習法を紹介します。

仕掛けやすくなるドリブル練習

スピードがある中でドリブルするにはテクニックが必要です。マーカーやコーンをドリブルでかわしながら進む練習をすることで、細かいボールコントロールと俊敏性が向上します。

参考動画【4:08】

GKが反応しにくいドリブル練習

ゴールキーパーはシュートを打つ前に、そのシュートに反応するためにタイミングを合わせる予備動作や基本姿勢をとります。 シュートを打つタイミングを惑わすことができれば、シュートに反応しにくくなるため、シュートが決まりやすくなります。

参考動画【3:40】

これらの練習を定期的に行うことで、ドリブルの仕掛けるときの技術が向上し、ドリブルシュートで得点機会を増やすことができます。

世界のストライカーの特徴

メッシのドリブルシュート

リオネル・メッシはその卓越したドリブルスキルで知られています。メッシのシュートは、その繊細なタッチと正確なコントロールでゴールする能力に優れています。

ネイマールのドリブルシュート

ネイマールは、独特のドリブルスタイルと創造性で知られています。彼のプレイには華麗なフェイントや急激な加速があり、これによって防御側を混乱させます。ネイマールのシュートには、スピードに乗った状況から豊富なバリエーションのシュートを打つ能力に優れています。

エムバペのドリブルシュート

キリアン・エムバペは、その驚異的なスピードと力強いドリブルで知られています。彼は相手ディフェンスラインを突破する際に、その速さと身体の強さを活かします。エムバペのシュートは、強力で正確であり、彼の身体的な能力と技術が融合したものです。

まとめ

ドリブルシュートについていかがだったでしょうか?ドリブルシュートは基本的なスキルの1つではありますがタッチの強弱や転がっているボールに対して当てる位置など様々なスキルが必要です。どのくらいの力でタッチすれば蹴りやすい位置にボールが置けるのか?どのくらいのタッチに対して軸足をどこに置くのか?など何度も練習して感覚を掴んでいきましょう。今回紹介した練習を是非参考にして、ドリブルシュートのスキルを高めてたくさん得点を量産してください。最後まで見ていただきありがとうございました。素敵なサッカーライフを。

\ 記事がいいと思ったら
いいねしていただけると嬉しいです /

この記事を書いた人

山根 慶大

Soccer Station代表の山根慶大です 現在は、サッカーステーション広島の『サッカー塾』でコーチをしており、これまで1000人以上の子供達を育成してきました。
パスやトラップなど、サッカーに必要な技術が発揮できない原因を個別で分析し、その選手の個性に応じて指導を行っております。


「スキル」を伸ばすサッカー塾

広島でスキルを伸ばす事に特化したサッカー塾開講!パス、ドリブル、シュートから自分に足りないorさらに伸ばしたいスキルを徹底的に伸ばす。オンラインでコーチに24時間質問し放題

\ こんな方におすすめ /

  • より技術力を磨きトップレベルを目指したい

  • 様々なチームの人と刺激し合い経験や刺激をもらいたい

  • 現在通っているサッカーチーム以外でも練習したい

詳しく見てみる
サッカースクールの画像

Line@

LINE@登録で予約、新着情報、お得な情報を配信中!!

Get in touch

各種SNSから新着情報をチェック!!

Sitemap

サイトマップ